.

特撰玄米油「和の玄米オイル」ご愛用者様用


特撰玄米油「和の玄米OIL」、私たちの健康増進に必要な豊富な玄米栄養成分に溢れています。お米の表面を形成するぬか層には、ビタミンE・ガンマーオリザノール・トコトリエノール・植物ステロールなど、天然の素材力がそのままギッシリ濃縮されています。

優れた栄養機能を丸ごと活かすため、"食べるための米ぬか"から、そのまま機械で搾油した玄米オイルです。溶剤や界面活性剤で化学的に抽出・精油する一般の米油と比べて、その濃縮された「太陽の恵み」の量が格段に違います。その主な栄養機能は次の通りです。

「和の玄米OIL」の特長

和の玄米OIL

@ 「強力な抗酸化力」トコトリエール

天然の抗酸化成分、ビタミンEの数十倍の効力をもつトコトリエノールが50mg/100gも含まれています。このトコトリエノールは、活性酸素を抑える働きがあるほか、動脈硬化の予防効果などが知られています。

A 「美容と健康に効く」ガンマーオリザノール

「米ぬかにしか含まれていない栄養機能成分」ガンマーオリザノールが1270mg/100gもの高濃度で含まれています。これにも強力な抗酸化力があるので、活性酸素を抑える働きがあるほか、このガンマーオリザノール単体が、そのままクスリとして中高年の生活習慣病、女性の更年期特有の症状、ストレス性の症状などの治療用に使われています。そのための1日あたりの必要量30〜40rは、本品ではわずか小さじ2〜3杯で摂取できます。

B 「油の食物繊維」植物ステロール

植物油の中でも、玄米油には植物ステロールが1350mg/100gも断トツに多く含まれています。植物ステロールは体の栄養になる油ではなく、それ自身がコレステロールの消化吸収を阻害する働きをもっています。
そのため「油の食物繊維」といわれており、血液中の余分なコレステロールを減らします。有り難いことに、この植物ステロールは主に悪玉コレステロールだけを減らし、善玉コレステロールには殆ど影響を及ぼさないことも、最近の研究によって明らかにされています。

米油はどうやって作るの?

米油はどうやって作るの?

「米油健康生活」宝島社 「米油健康生活」宝島社←詳細はこちら。

「リブレライフ社長インタビュー記事」←詳細はこちら。
米油はどうやって作るの?

.

和の玄米オイルは徳用&テーブルサイズの2種類

玄米オイル商品写真

「和の玄米オイル」255g入り
ガラス瓶(透明ビン)・化粧箱入
1本(箱) 3,000円+消費税

玄米オイルテーブルサイズ商品写真

「和の玄米オイル」テーブルサイズ
ガラス瓶(透明ビン)・65g入り
      1本 800円+消費税



玄米オイルの栄養成分

美容と健康に役立つガンマーオリザノールが豊富です。
1日あたりの必要量30〜40mgが、わずか小さじ1杯で。
特撰玄米油「和の玄米オイル」
徳用サイズ
255g入

テーブルサイズ
65g入
 3,000円
  +消費税

   800円
  +消費税
保存方法
常温・冷暗所で保存してください

徳用サイズの消費目安
1日8〜9gで1ヶ月
1日4〜5gで2ヶ月

テーブルサイズの消費目安
1日8〜9gで1週間
1日4〜5gで2週間


和の玄米オイルに関する「よくある質問集」はこちらです。

「和の玄米オイル」のご利用法

和の玄米オイルご利用法
毎日、小さじ1〜2杯を目安に、生のままでお召し上がりください。
各種サラダをはじめ、バターやマーガリンの代わりに食パンやバゲットにもよく合います。イタリア料理には、エキストラバージンオリーブオイル同様にお使いいただけます。
また、お刺身(しょうゆに)・冷奴・味噌汁・煮物・納豆・お浸しなど、和風の料理には特によく合います。洗米したお米に小さじ2〜3杯入れて炊飯していただくと、つやとコクのある「おいしい"玄米"ご飯」になります。
和の玄米オイルご利用法
レシピ一覧へ

HOME